INTRODUCTION

アジラで磨くアントレプレナーシップ 。世界で活躍する起業家になるために

INTRODUCTION
Tuan Bao: Project Manager, ASEAN Sales

・ベトナム最高峰のビジネススクール ハノイ貿易大学 インターナショナルビジネス専攻卒業
・卒業後、ベトナムでスタートアップを創業
・スカラーシッププログラムで慶應義塾大学大学院 メディア専攻にて修士号取得
・株式会社アジラにてPM業務、ASEANのセールス、マーケティングと幅広い業務に従事

自己紹介をお願いします。

ベトナムから来ました、Tuan Bao(トゥアン・バオ)です。ハノイ貿易大学でビジネスを学び、その後、スタートアップ企業で2年間、HR&Educationサービス、 Web application など様々なプロダクトを作っていました。

日本で修士号を取得した理由は

当時は、多くの日本企業がベトナムに進出しており、日本で学ぶことは今後のキャリアにプラスとなると思っていました。日本に来た当初は、1年間日本語を学んだ後、通常の日本語課程の大学に進む予定でしたが、一旦は挫折してしまいました。しかし、その後英語を勉強し直し、英語で学位を取得できる慶應の修士課程に入学し、メディアデザインを学びました。

アジラを選んだ理由

今までのベトナムスタートアップでの経験や、ビジネススクールで学んだことをダイレクトに活かせる環境を探していました。またAIという新しい分野に興味もありました。アジラは日本とベトナムにオフィスをもち、最新鋭のAI技術を保有しています。ただ、何よりスタートアップとしての勢いを木村(代表)との面談で感じました。他の大企業からも内定をもらっていましたが、 “故郷ベトナム” & “AI” & “スタートアップ”の軸が揃っており、木村さんの熱意がみなぎるアジラがベストオプションだと思いました。

なぜそこまでスタートアップにこだわるのですか

特に若いうちは様々なことにチャレンジできる環境で働きたかったからです。スタートアップでは、本当に様々な業務をこなさなければいけません。一方で、大企業では業務範囲が細分化され、どうしても全体を見渡すことが難しくなってしまいます。将来はマネージャーとしての力を身につけたいと思っておりますが、そのためには幅広い分野での知識を持たないといけません。なぜなら、自分のわからないことに関しては、部下の評価など出来るわけもないからです。そのため、若いうちは、ジェネラルにさまざまなことにチャレンジできるスタートアップで働くことが、私のキャリア形成で重要だと確信していました。

実際にアジラにジョインした印象はどうですか

期待通りですね(笑)。私が期待していた、何でもチャレンジできる環境がアジラにはあります。現在はPM業務を主担当としていますが、本当に幅広く何でもやっています。インフラ管理や、ASEANでのセールス&マーケティング担当も行なっています。ASEANでの活動はまだこれからという段階ですが、既に50カメラ導入の商談成立が決まりそうで、これからますます加速していきたいと思います。

日本とASEAN両方でのビジネスの経験がありますが違いは感じますか

日本とASEANの大きな違いは、日本はPoCとして果敢に新技術に取り組む風土があります。しかしベトナムをはじめとするASEAN諸国では、既に確立した技術でないと評価されず、テレビや他企業での実績が導入の上で重要視されます。アジラのようにまだ浸透していない技術を落とし込むには、そこをどう切り込んでいくのか、顧客がどのように考えるのかという難題に真剣に向き合う必要があります。アジラの製品は警備業界の負担軽減を目的としていますが、ASEAN諸国では人件費がまだ安いためメリットが伝わりづらく、別のアプローチによるローカライゼーションが必要だと考えています。とても難しいチャレンジですが、そこを自分で考えるのが面白く、とてもやりがいがあります。今までの人生で学んできた様々なことを総動員しながら、実践、評価、改善し、フィットするものを探していきたいです。

休日は何をしていますか

旅行や新しいことにチャレンジしながら過ごしています。旅行先でも、日本人がどのように働いているのか、生活しているのか、ベトナムの人とは何が違うのか、日々新しいことを学んでいます。居酒屋一つにしてもたくさん学ぶことがありますね。特に好きな場所は、日本の商店街です。それぞれの商店街には独自の色があり、同じ商店街でも場所によって全く違います。また、特定の商品に特化したお店なども、独自色があり見ているだけで楽しいですね。

将来のビジョンは何ですか

将来は世界で通用する起業家になりたいです。今まで様々な友人に恵まれてきましたが、彼らと一緒に新しいことにチャレンジしていきたいです。友人と共に起業したり、別の会社でも仲間として協業ができたら楽しいなと考えています。世界で通用する起業家になるために学ぶ環境がアジラにあります。チームマネジメント、テクノロジー、マーケティングリサーチなどアントレプレナーシップを磨く上で、これほど恵まれた環境は無いと感じています。

関連記事

 [問い合わせ先] 本件に関するお問い合わせはこちらまでどうぞ  

 [募集] 採用情報はこちら  


※「アジラ」の名称・ロゴは、日本国およびその他の国における株式会社アジラの登録商標または商標です。
※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。