アジラプレス

『やさしいAI』でおなじみ株式会社アジラのPR

アジラの事例を『オープンイノベーション成功の法則~大共創時代の幕開け 』にご掲載頂きました

f:id:asilla:20190119195240p:plain

『オープンイノベーション成功の法則~大共創時代の幕開け』中村亜由子(著)

【目次】
第1章 流行る共創と逸る共創
1.時代背景
2.オープンイノベーションの幻想

第2章 現実的な共創と価値
1.「当たり前」のオープンイノベーション
2.共創でぶち当たる5つの壁

第3章 ここ数年の共創の形
1.アクセラレータープログラムの活性化
2.共創の形の多様化

第4章 日本流オープンイノベーション事例 CASE×12
CASE1.KDDI ∞ Laboの話
CASE2.東京急行電鉄株式会社の話
CASE3.株式会社メルカリの話
CASE4.東京放送ホールディングスの話
CASE5.オプティマインドの話
CASE6.富士通×アジラの話
CASE7.共創経験を持つスタートアップの話【ZEROBILLBANK JAPAN、Payke、ハタプロ×eiicon座談会】
CASE8.Cookpad Acceleratorの話
CASE9.アンドハンドプロジェクト × 大日本印刷株式会社(DNP)× 東京地下鉄株式会社(東京メトロ)× LINE株式会社
CASE10.株式会社コーセー
CASE11.沖電気工業株式会社
CASE12.東京電力ホールディングス株式会社
CASE13.サントリーホールディングス株式会社
CSSE14.JR東日本スタートアップ株式会社

第5章 日本流オープンイノベーションの今後
1.「オープンイノベーション1.0」から「オープンイノベーション2.0」へ。
2.ものつくり大国日本が復活するために。〜eiiconが目指している世界観〜

オープンイノベーション成功の法則 大共創時代の幕開け 

 

オープンイノベーションは、日本企業における”イノベーション(新結合)”の実現可能性の高い手段であると当社は考えており、膨大なデータを含め多様かつ潤沢なリソースを持つ大企業と、失敗を恐れずに素早くスクラップ&ビルドを繰り返すことができるベンチャー企業が組むことで、大きなシナジーを生み出すことができます。

 

2018年はオープンイノベーション元年と呼ばれており、内閣府による「日本オープンイノベーション大賞」<Japan Open Innovation Prize(JOIP)>が新たに創設され、2019年はいよいよ本格化していくものと考えられています。

詳しくはこちらをどうぞ。

2019年スタート!2018年オープンイノベーション総集編|eiicon

 

アジラは2019年も引き続き、大企業とのオープンイノベーションを通じて、自社の技術を研鑽していくとともに、テクノロジーによる社会課題の解決を目指して参る所存でございます。

 

株式会社アジラ

代表 木村大介

 

 

 

f:id:asilla:20190119201419j:plain

あとがきを寄稿させて頂きました