株式会社アジラ | Activate all streams !!

行動認識AIに特化した映像解析事業で、犯罪や事故を未然に防ぐ世界を目指す株式会社アジラの公式ウェブサイトです。

【起業家必見】オフィス変遷から読み解く激動の6年間と次のステージとは

株式会社アジラは、「犯罪や事故が起きてしまう世界から、未然に防ぐ世界へ」を理念に掲げ、行動認識AIを中核とした映像解析事業を運営する会社である。これまで「AsillaPose」や「違和感検知アノラ」など革新的な製品を社会へ送り届けているテックカンパニーだ。
当社の歴史が2015年の創業からどのように辿ってきたか、これまでの6度の引っ越し経験を振り返りながら一挙に紹介する。

アジラ創業期(2015年 6月〜)

代表木村がアジラを始める前は、東証一部上場のWebサービス企業で、事業部のシステム統括・SEMを担当していた。そのオフショア開発の委託先でチームのプロジェクトマネージャーをしていたグエン・タイン・ハイと意気投合し「アジラ」を創業。こちらにアジラの「還剣湖の伝説」と呼ばれるストーリーがある。詳しくは以前まとめているこちらの記事をご覧いただきたい。

 

pr.asilla.jp

 

f:id:oniasilla:20211005152409p:plain

アジラ創業時のハノイのアパートメントの一室

話は戻り、アジラはベトナム首都ハノイ、アパートメントの一室から始まった。スタートアップらしいエネルギッシュなメンバーが集まり、6名のうちエンジニアが名というテックカンパニーで、そこで、行動認識AIを研究開発したり、ビジネスモデルを検討したりした。

このオフィスは、ある日、公安に踏み込まれ、引っ越しを余儀なくされることとなるが、その話は別の機会に。

MBDAフリースペース時代(2015年 6月〜)

f:id:kawamotoasilla:20211014134634p:plain

アジラベトナム拠点の創業と時を同じくして、アジラの日本オフィスはフリースペースから始まった。ここは東京町田市「新産業創造センター」、日本は営業拠点としてセールスなどのビジネスサイドのメンバーが働いていて、スタートアップならではの目まぐるしく変わる会社の変化に食らいついていた。

MBDA 218号室(2016年〜)

f:id:kawamotoasilla:20211014134648j:plain

しかし、フリースペースに限界はすぐ訪れた。GPUサーバ設置をするために自分たちの部屋が必要になったからだ。

オフィスは今でもお世話になっている町田新産業創造センター(MBDA)内に3畳くらいの小部屋218号室を借りた。二人が入れば十分という部屋だった。この部屋にはGPUサーバが置かれており、その発熱により年中を通して蒸し暑い部屋になっていた。特に夏などは、サーバから放出される熱と戦いながら、契約書をまとめるという日々を送っていた。

アジラの東京側営業拠点がサーバセンターを兼ねるという体制はこのときから出来上がっていた。

f:id:oniasilla:20210922104103j:plain
f:id:oniasilla:20210922104233j:plain

また、このときは大きなデスクを置くスペースもなく、ちゃぶ台の上でデスクワークを行っていた。

大手町 inspired.lab(2019年4月~)

f:id:kawamotoasilla:20211014134721j:plain

この時期はシリーズAのエクイティファイナンスを実行し、ビジネス拠点をMBDAの218号室と並行して、スタートアップが集う大手町へ移した。CFO皆川をはじめ各業界の凄腕メンバーのジョインが決まり、シード期の毎日をなんとか生き抜いていく感じから、基盤の固まった会社へと移りゆく雰囲気をだんだんと感じ取ることができた。

この時期は違和感検知AIアノラの実証実験を行ったり、今のアジラの主力プロダクトが生まれてきた時期でもある。

MBDA 204号室(2019年 6月〜)

f:id:kawamotoasilla:20211014134739j:plain

MBDAの218号室がそろそろ人数的にもサーバー設置台数的にも限界に来ていたため、MBDAの204と220号室の2部屋を借りることになった。

218号室と比べると204号室は広々としたスペースでサーバーも棚の中に収納できるようになっていた。

この時期は現執行役員の若狭を始めとする若いメンバーがジョインし、凄腕メンバーと若いメンバーの見事な連携で会社がさらに成長していった。

f:id:oniasilla:20210922105414p:plain
f:id:oniasilla:20210922105401j:plain
左204号室 右220号室

MBDA 304号室(2021年 1月〜)

f:id:oniasilla:20210922105522j:plain

そして増え続けるメンバーのデスク確保のため304号室へ引っ越した。ここはほとんどのアジラ日本メンバーが馴染みのある部屋である。サーバールームも兼ねていて雑多な様子がわかる部屋だが、それでもメンバーがゆとりをもって作業スペースを確保することができていた。

このころから社内で日本語以外の多言語(英語、ベトナム語、はて何語?)が飛び交っていたり、海外からの留学生がアジラでインターンを始めたりなどアジラ日本オフィスがグローバルな環境になった。

f:id:oniasilla:20211008090703j:plain
f:id:oniasilla:20211008090556j:plain

写真の通り、部屋の中でミーティングをしたり、ロボットを走らせたりとにかく多目的で使用できるオフィスだ。

現在 NoR町田北ビル202号室+MBDA304号室(2021年 9月〜現在)

f:id:oniasilla:20210922110457j:plain
f:id:oniasilla:20210922110504j:plain

そして、現在のNoR町田北ビル202号室+MBDA304号室体制になることとなる。拡大の背景は、GPUサーバー増加による304号室のデータセンター化やセールス・PM・マーケなどの組織規模拡大である。

新たなオフィスではビジネスサイドのメンバーが集まりそれぞれの得意分野を発揮し、お互いを補完し合いながら、新しい価値の創造に取り組む、共創の場となっている。

また、オフィスは2部屋体制になったものの徒歩ですぐ行ける距離であり、オフィス間は今後も以前同様活発に交流している。

 

 

こうして過去のオフィスを振り返ると、オフィスが変わってもアジラは一貫して飾らないひたむきな姿勢と仲間との近い関係を求め続けていたことがわかる。

オフィス増設や新メンバージョインなど新しい体制となったアジラで、今後も世の中を驚かせる革新的なテクノロジー、プロダクトを作り続けていく所存である。

もしこの記事を読んで興味を持ったなら、、、遠慮することはない、是非お声掛けいただきたい。アジラはオープンマインドで一緒にこの貴重な体験を共有できる仲間を待っている。