株式会社アジラ | Human-centric AI "Asilla SDK", Released in Mar/2021

行動認識AIに特化した映像解析事業で、犯罪や事故を未然に防ぐ世界を目指す株式会社アジラの公式ウェブサイトです。

【レビュー】映像ソリューション特化型の最新エッジAIデバイス、AVerMediaさんのAI BOX『NX213B』

みなさん、はじめまして!エッジAIエンジニアの山本(25)です。

アジラの百人将を目指しています。

さて、本日はエッジAIデバイス(※)のレビューを書きたいと思います。若干ゴーストライターの影が見え隠れしますが、インプレッションそのものには偽りありません。ので、エッジデバイスに興味のある皆様には、安心してお読みいただければ幸いです。

※エッジAIデバイスとは?

その名の通り、エッジ(先っぽ)に搭載されているAIのことです。クラウドの対義として使われ、ここでいうエッジとは「現場寄りの機械デバイス」のことです。当社はそういったデバイスに直接AIを搭載し、情報処理する技術に長けています。

 

・・・・・・・

 

ある日、謎の半導体メーカーNVIDIAさんから「これ、試しに使ってみて!」と、なんか凄いデバイスが届きました。ファーストインプレッションは「エーッ!デカッ!重ッ!」です。さすが時価総額3300億USドルのカンパニーです。

 

f:id:asilla:20201201211649j:plain

Jetson Xavier NXのSOM(System On Module) 搭載機らしいのですが、なんかデカ過ぎます。NXのSOMはNanoと同型の小型チップであったはずで、こんなに筐体が大きくなるはずはないのです。ちなみに↓こちらが NanoのSOMです。

f:id:asilla:20201221215312j:plain

NVIDIA Jetson NanoのSOM

さて、ここでクエスチョン。(↑)これと同サイズのSOMが載っているだけなのに、この図体のデカさ(↓)はなぜなんでしょう?

 

f:id:asilla:20201221215424j:plain

 

答えはこちら!

 

f:id:asilla:20201221214145j:plain

 

10/100 MbE RJ-45 with PoE ポートが8門も!!!!!!!!

八門遁甲(はちもんとんこう)!!!!

 

つまり、これJetson NX機とPoEスイッチングハブが合体しているのです。プロダクトの構成がAIデバイスと複数のPoE給電の機器を繋ぐ前提であれば、Hubを買わなくていい。電源のアダプタが一つでよい、設置スペースが省略される、など、メリットの大きな機体となります。

図体デカいとか言ってスイマセン、スペックを知ったうえで改めて見るとコンパクトで素敵です。

f:id:asilla:20201201214641p:plain

 

NVIDIAさんのパートナープロダクツ群においても、Etherport × 9(GbE含む) は最多クラスです。

developer.nvidia.com

 f:id:asilla:20201221214128j:plain

JETSONデバイスには珍しいマイクやスピーカー端子をはじめ、RS485や、汎用I/Oポート(GPIO)がフルで、OTGまで?!付いている。OTG、何に使うんだろう。NVRとして使った場合の外部レコーダーでしょうか。

とにかく外部連携のインターフェースには困らなそうです。特に当社は汎用I/Oポートで電磁リレーなどを制御することが多いので、付いててくれて嬉しいです。

そして、RECOVERYボタンがフロントに付いているのも超嬉しいです。Jetpack含む全体リカバリー作業をする用事がないデバイスメーカーさんは、「これは・・、中にしまっていこう」と筐体の中の最果て奥のほうに置き、ピン仕様で信号を送ってね、という仕様にする傾向があり、アーッ、AI屋の面倒増やしがやがって!!といつも思っていたのですが、その気持ちがAVerMediaさんには通じたようです!

ビバ!アバーメディア!

ありがとうエヌビデア!

 

f:id:asilla:20201221214135j:plain

アダプタは56V。デカいですが、8ポートのPoCハブ+NXへの給電可能と考えると小さく思えてくるのが不思議です。

 

f:id:asilla:20201221214156j:plain

ファンレス&大型のフィンです。

それはまるでハープのような美しい音色を奏でるとか。

 

f:id:asilla:20201221221447j:plain

重量4kgです。

筋トレに最適な重さです。

 

ただ、どうしても気に入らないのが e.MMC の 16GBです。最新のJetpack入れたらかなり占有されてしまって、どうせいっちゅうねん!という気持ちになります。

これはAverさんというよりは、NVIDIAさんのSOMの仕様なので、Averさんに言ってもアレですが、うちの推論モデルはCNNとGCN(グラフ畳み込みネットワーク)のハイブリッドでちょっとデカめなので、何とか・・・例えば、128GBくらいのSSDをM.2で標準装備して、起動デバイスにしてくだされば幸いです!

 

・・・・・・・ 

 

ところで、私は入社試験がJETSON NANOだったこともあり(詳細はいずれ)、各社様からは「ジェットソンマン山本」と呼ばれています。※あだ名とかではなく、マジでこの名前でブツが送られてきます。

デバイスメーカーの皆さん、もし私にレビューしてほしいデバイスがあれば、ぜひお送りください!日本の津々浦々で社会実装している私がレビューさせて頂きます!

 

f:id:asilla:20201227135345j:plain

 

以上で、今回のデバイスレビューをおしまいにしたいと思います!

 

AverMedia様、NVIDIA様、こんな素晴らしい機体を貸して頂き、心より感謝申し上げます!

 

そして、本年中はどうもありがとうございました!!

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

詳細はこちら:

AVerAI Box PCNX213B

Standard Box PC NX213B Equips NVIDIA® Jetson™ Xavier™ NX Module

  • Fully support NVIDIA® Jetson Xavier™ NX
  • 8x 10/100 MbE with PoE
  • 1x GbE, 2x USB 3.0, 1x 4Kp60 HDMI output
  • 20 pins with 1x UART, 2x I2C
  • 1x RS-485 (3 pins), 1x Micro-B USB 2.0 for recovery
  • 1x mPCIe (Host Interface: USB 2.0)
  • Operating temperature: 0°C ~ 65°C (without HDD, with No-Air-Flow)
  • Compact fanless chassis with AVerCooler technology

www.avermedia.com