アジラプレス ~「優しいAI」で人々を豊かに~

『やさしいAI』でおなじみ株式会社アジラのPR

経産省DXレポート「2025年の崖」とは

あらゆる産業において、新たなデジタル技術を使ってこれまでにないビジネス・モデルを展開する新規参入者が登場し、ゲームチェンジが起ころうとしています。

こうした中で、各企業は、競争力維持・強化のために、デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)をスピーディーに進めていくことが求められています。抜粋:DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~(METI/経済産業省)

2025年の崖

このDXレポートの中で「2025年の崖」と呼ばれる、年間12兆円以上の経済損失になりうる大きな課題について語られているのをご存じでしょうか。

日本企業はその課題を克服し、全社横断的なデータ活用によってDXを推進できなければ、経済成長どころか、我々は現在の生活水準を維持できることすらままならない、と言われています。

f:id:asilla:20200504152932j:plain

  

その二つの課題とは、以下です。

①縦割り組織の部分最適

日本社会は機能別組織(職能別組織)が多いと言われています。いわゆる「縦割り」という組織体です。専門性が強化できる一方、経営視点で考えられる人材が育ちにくいと言われています。

そういった縦割りの弊害で、過去にシステムが事業部門ごとに構築されてしまい、全社横断的なデータ活用ができなかったり、それぞれが過剰なカスタマイズが施されてしまい、複雑化・ブラックボックス化してしまうケースは多々あります。

そういったケースでも根気よくヒアリングしながらデータを洗っていけば(データクレンジングと言います)活用の仕様がありますが、最も深刻なのは、事業の状態が可視化(=数値化、データ化)されていない部門があると、全社のDX推進=全体最適化の足を引っ張ってしまうことです。

皆さんの部門は大丈夫でしょうか?

f:id:asilla:20200504151217p:plain

部門間の連携が阻まれる

②経営と現場の壁

f:id:asilla:20200504151556p:plain

経営と現場の壁

次に課題となるのは、いつの時代もよくあるパターンです。経営サイドがDXを望んでも、業務自体の見直しも求められる中、現場サイドの抵抗も大きく、いかにこれを実行するかが課題となっている、とレポートにはあります。

日々の業務フローが変わり、新たな業務フローに慣れるまで手間がかかる現場の気持ちも分かりますが、今後、リーマンショック以上の経済危機が訪れようとしているこのご時世に、この垣根を作ろうとする現場、この垣根を取り払えない経営は、その資質を問われても仕方ないでしょう。

企業の事業継続性あっての事業であり、現場であり、あなたであり、あなたの家族であります。DXの全体最適化で業務フローが多少変わっても、経営サイドが雇用を守り、事業体としてこの経済危機を乗り越えられるなら、大したことではないはずです。

とはいえ、、、

社内の人材がそれらを強行しようとすると、軋轢が生じ部門間や労使に禍根を残す結果になりかねません。そんな時は、ぜひ当社にお任せください。

当社のDXシニアコンサルタントが御社の全体的な業務をヒアリングし、各種DXツール(AI-OCR及び提携RPA、BIツール)でその全体最適化を推進させて頂きます。DXは単なるコストカットではなく手段であり、本業を進化させるのが目的です。

手書きAI-OCR「ジジラ」お問い合わせ