アジラプレス ~「優しいAI」で人々を豊かに~

『やさしいAI』でおなじみ株式会社アジラのPR

DXの学校は「家の中」〜そっと覗いてみてごらん〜

あいも変わらず家から出にくい世相

 東京は緊急事態宣言の解除後も余談を許さぬ状況ながら、実家のメガネ屋は閑古鳥の鳴く状況から解放されたと連絡が入り、ホッと一息ついております。アジラ営業部の小泉です。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

DXはどこで学ぶもの?

 当ブログをご覧の皆様は、少なからず「DX」というものに御関心をお持ちの方々とお見受けします。しかし、あちらこちらで「DX」と叫ばれる昨今でも、どうすればそれを学び、理解し、実行できるのか。頭上に「???」を浮かべる羽目になる方も多いのではないでしょうか。

 今回は、私が「DX」を学ぶ際に活用するメディアの一つをご紹介させて頂こうと思います。「家の中」のタイトルの通り、自宅勤務中の皆様でもパソコン・スマートフォンがあればアクセス可能な方法をピックアップしております。

コミュニティ活用〜connpassを例に〜

 皆様は、オンラインコミュニティを活用することはございますでしょうか?昨今ではSNSでビジネス情報を収集する管理職の方も増加傾向にあるといいますが、SNSの他にも、オンライン上には双方向での情報交換を可能とする、コミュニティが多数存在しています。

 そうしたコミュニティがイベントの開催告知や参加者募集、登壇者の募集などを行うプラットフォームの一つが「connpass」(https://connpass.com/)です。

 【例】RPAコミュニティ(RPACommunity - connpass

 DXと並び、業務の効率化に際して目耳にすることの多い言葉「RPA」=「ロボティック・プロセス・オートメーション」を中核としたイベントを開催している、大規模なコミュニティです。

 「ユーザー主体」との言葉通り、その運営は企業ではなく個人です。RPAへの関心と「知見の共有」という目的で個人が集まって構成されており、定期的な勉強会、ツールの体験会、そして参加者同士の交流会などを実施しています。

 東京はもちろんながら、各県にも支部を設けて開催しており、今年に入ってからは、感染症への対策として、オンライン開催を中心としています。

 興味深いのは、勉強会におけるLT(=ライトニングトーク)はそれまで登壇経験のない一般参加者でも立候補できる、というところでしょう。「RPA」という大テーマを中心としつつも、登壇者ごとに設定するテーマは千差万別で、バラエティ豊富です。

 中には、「あ、自分と似たような状況に置かれている方がいるんだ」という気づきがあるかもしれませんし、交流時間やイベント終了後に、交流をしてみるのも一つの醍醐味と言えるのではないでしょうか。

 RPAコミュニティ静岡支部vol.3にて

 去る7月7日には、私も登壇したことのある静岡支部のイベントが開催されました。

 静岡支部としては初めて「DX」を大テーマにしたイベントで、DXの基礎から解説があるなど、初心者からでもわかりやすい内容となっておりました。

 イベントそのものはすでに終了しておりますが、オンライン開催になって以降、その内容は全てyoutubeにて公開されています。格式ばっていない形でDXを学習してみたい方、折角なら勉強だけでなく楽しい交流も欲しいという方は、下記のURLで当日の様子と内容をご確認頂き、今後の参加を検討してみてはいかがでしょうか。

RPAコミュニティ静岡vol.3:

youtu.be

 

 

 以上のRPAコミュニティのように、connpassには多彩なイベント、コミュニティが登録されており、DXで検索してみても、企業・個人を問わず多くのイベントが開催されることがわかります。

 まず、興味を抱いたイベントに一回参加をしてみて、その経験を元に、さらに参加するイベントを探す、というのも面白いのではないでしょうか。

 タイトルには「そっと覗いてみてごらん」とありますが、折角のコミュニティです。ガンガン参加し、双方向での交流を活かすのが一番です。

「そっと」の必要はナシです! 

 アジラのDXも、オンラインで!

手書きAI-OCR「ジジラ」お問い合わせ

 

dx.asilla.jp

 ご好評いただいておりますアジラのオンラインセミナー第三回も、間も無くとなっております。OCR技術を中心としたDXについて、ご関心お持ちの方は、是非ともご参加ください!