アジラプレス

人をサポートする『優しいAI』でおなじみの株式会社アジラのPRです

AIスタートアップで新卒社員が送った約一ヶ月

初めまして。株式会社アジラの新入社員小泉です。

 新年度の開始から一ヶ月ほどが経過いたしました。皆様いかがお過ごしでしょうか?多くの新卒の方々が研修を受け、会社や業務に慣れつつあり、中には五月病に罹患した方もいらっしゃる時分になって参りました。

 

f:id:YSKm:20190508113044j:plain

アジラ・大手町オフィスにて(小泉は左手前)

 新卒である以上は社会の新人であります。企業に属する者として、社会人として、振る舞いや所作・習慣というものがまだ掴みきれず、研修を受けながら頭に詰め込む。同時に見習いとしての業務に勤しむ……。四月とは、きっとそのような時期だと思っております。

 閑話休題。そんな一ヶ月間、私が何をしていたかと申しますと、三日目時点で、EXPOにおける自社コーナー担当者として、実戦投入されておりました

 ジオン軍もびっくり。

f:id:YSKm:20190508123202j:plain

AI-EXPOにて(左側小泉)

 本プレスをご覧のお歴々には申し上げるまでもなく、アジラはAIスタートアップ企業であります。リソースに限界がある以上、実戦と学習、上長の助言で能力を形成して行くという形態になるのは必然なのでしょう。

 以下は、瞬く間に過ぎた一ヶ月で、私が得た驚きと経験でございます。

 

1.即実戦・即経験(フォロー有)

 上述の通り、入社三日目から五日目までをAI-EXPOにおいて、パートナー企業のPALTEK様(三日間お世話になりました)ブース内に設置されたアジラコーナーで、弊社概要・弊社技術に関する解説を行いつつ、営業部上長である後藤さんの講演の記録映像を撮影しました。

 他、PLUG AND PLAY IoT における弊社COO三村さんの講演撮影と面談同行、Gartner ITOC 2019における弊社CEO木村さんの講演撮影と面談同行もさせて頂きました。

 社会人歴一月未満の人間です。当然、緊張はするのですが、会話の仕方、技術に関するより良い説明法を、その場で経験値にできます。上長の講演や実際に来場者とお話をしている様子、他社の社員の方々との会話の全てに、ヒントがあるのだろうと思います。  

2.営業同行と議事録作成

 営業に同行する際には、議事録の作成が専らの役目となりますが、時には提案資料の雛形作成や、事前準備の段階から同席させていただけることも有ります。上長の後藤さんは、営業を体系的に理解し身につけられるように心を砕いてくださっており、毎回学ぶことが多いのです。

 営業で実際に話す時間以上に、その前準備や次回へつなげる情報整理といった部分が重要であることを実際にやってみるまでは見当も付いておりませんでしたし、自分が何をどうやって売るかを理解する必要性を甘く見ていたとも言えるでしょう。

 それを眼前で実践して頂き、時に実践させてくださるのは、大きな学びの瞬間です。

3.開発サポート

 現在開発を進めているソリューションのテスト仕様案策定と、実際にテストを実行しバグや不具合を発見する即ち開発のサポート面に従事するのが、開発局面における小泉の業務になっております。これも、上長と先輩方のフォローによって成立していると言えます。

 作業中にも不明点については先輩や上長への確認・質問を行いつつ、進めていくことになりますが、これは技術面に強い方々がすぐ近くで作業しているので、安心できます。無論、同じことをずっと質問しては効率が上がらないので覚えていくことは前提条件ではありますが。

総論.

 以上に述べてきたことは、社会人あるいは学生でも当然のことなのだろうと思います。

つまりは

①「実戦から学び、自ら教訓を得るベき」

②「事前準備と事後の復習を怠るべからず」

③「わからないことは聞いて教わり覚える」

に集約されます。

 当たり前のこととは言えど、新しい環境でこの「当たり前」を実践するのは困難であることを実感しております。

 しかし、まだ1ヶ月であることも確かです。しばらくは頭のキャパシティが一杯になりながらの仕事になるのでしょうが、精進して参ります。

最後に.

 アジラはスタートアップ企業でありリソースが限られること、その分実戦を通して学ぶ必要があることは上述の通りです。しかしながら、それは必ずしも放置されることを意味しません。上長も先輩も必要なフォローをくださるので、自分がこの環境を活かして如何に学ぶか。これが大事になってくるのだろうと思われます。

 長くなりましたが、新人の、この1ヶ月間の記録を終えさせて頂きます。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

小泉 友佑(Koizumi Yusuke)